生活設計

生活設計

退職して初めて肌身に染みる天引き支出の実態、注意すべき数年に一度の大きな出費

60歳で会社勤めを辞めるのと、65歳で辞めるのとでは若干違いますが、分かりきっているはずの支出ですが忘れていることって意外にあるものです。今から退職後の支出計画に入れておきましょう。
生活設計

定年に備える:年に一度、数年に一度の出費も考慮する

ボーナスをもらえる間はあまり気にしなかったのが年に一度とか数年に一度の支出です。在職中であればボーナスで支払うところですが、年金生活ではボーナスはありません。これ、要注意です。
生活設計

アラフィフになる前に考えるべきこと(お金の話)

アラフォーを過ぎてアラフィフが見えてくると60歳の定年(今の所...ですが)まであと10年ちょいになります。まだ10年と思うかもしれませんが、気づいたら定年目の前です。まだ10年以上あるうちに考えるべきことがあると思います。それは...
生活設計

定年・再雇用終了後はポンコツオヤジにならないために家事を仕事とみなそう

定年あるいは再雇用終了し新たに仕事に就かないと毎日が日曜日になります。そこで待ち受けるのが「家事」の分担でしょう。ろくに「家事」もできないと「ポンコツで役立たず」になってしまいます。
定年

定年後に悠悠自適で過ごしたい、そんな理想は一月で崩れ落ちる!

今は夜昼なくハードに働いているのでリタイアしたら悠々自適で過ごしたいと思っている人は多いでしょう。しかし定年後にゆったりのんびり過ごす生活なんて一ヶ月も過ぎたら苦痛以外の何ものでもなくなるのです。
定年

趣味は退職後を考えて多様性が必要である

趣味が本当に全くなにもない人というのは少ないかと思います。自分では趣味とは思っていなくても他人から見たら立派な趣味もあります。会社を離れてからの人生では趣味が主役になります。そして主役は一本足打法で趣味はこれだけではことによると悲惨な人生になるかもしれません。
生活設計

中年過ぎの男性諸君、自分の身の回りの世話は自分でできますか?家事は自分でできるように!

一昔前のドラマでは、お父さんが具合が悪くて寝込んでいるお母さんに向かって「おい、靴下はどこだ?おい、俺のパンツはどこだ?」と叫んで、結局お母さんがよろよろしている映像がありました。みなさんはいかがでしょうか?自分の衣食住の世話は自分でできますか?
生活設計

あえて夢を粉砕します!生まれて初めてのIターン? 蕎麦屋開業? 地獄を見ます!

自分の趣味は蕎麦打ちであり仲間や近所の評判も上々だ。定年になって会社を退職したら田舎へ行って蕎麦屋を始めたい。絵に書いたような話であり成功する人がいるのは確かですが、大多数は大失敗!で待っているのは地獄なのです。
生活設計

40代~50代前半の方へ、定年を迎えるまでにすべきこと・考えること

世のライフプランナーの方は、さまざまな定年のための生活設計プランを提案されていますが、それらには現実乖離したものが多いと感じています。今回は筆者の経験と持論により定年を迎えるまでにやっておくべきこと・定年後の生活設計について考えます。 退...
error: Content is protected !!