人生観

シニア・高齢者の転職・再就職活動におけるポイント

本ブログの読者であろうシニア〜高齢者世代の方が、転職あるいは定年後の再就職先を探すにあたっていくつかポイントがあります。今回はそのポイントについて紹介しましょう。
定年

自分の強みを簡単に客観的にとらえる方法

再就職のみならず、人生いろいろな場面で自己アピールが必要になる場合があり、そのときに大切なのはどれだけ自分の強みを客観的に捉えているかということです。今回は誰にでもできる簡単な方法を伝授します。
定年

連載コンテンツ:5回目:実体験掲載、求職実績の作り方実際と難易度・簡単さ、注意点

65歳定年(再雇用満了)での失業保険申請の実録コンテンツ5回目の今回は、求職活動について筆者が実際に行なっている方法と、おすすめの求職活動を紹介します。 連載コンテンツ:1回目:定年退職後に失業保険をもらうには64歳11ヶ...
定年

定年5年前になったら、勤務先での再雇用が悲惨か否かを社内で確かめて今後の計画を立てよ

Google Trendsを調べると「再雇用」と「みじめ」あるいは「悲惨」というキーワードで検索をかける人が多いようです。再雇用が悲惨かどうかは再雇用に対する会社の姿勢によって大きくことなりますし、それ以上に自分自身の業務能力が左右します。定年目前でそれを見極めるても手遅れなので、遅くとも定年まであと5年になったら勤務先の再雇用状況を見極めて、再雇用を選ぶか別の道を切り開くかを考えましょう。
人生観

定年になっても「毎日が日曜日」と公言してはいけない理由

定年退職になり、あるいは定年後の再雇用を退職して通勤する必要がなくなった方の口から聞くのが「毎日が日曜日」という言葉。しかし、この言葉を他人の前で言ってはいけません。 この記事でわかること 退職して通勤の必要がなくなっても人前で「毎...
人生観

自分の天職が何かわからない?自分の天職を見つけよう!

世の中には「天職」と巡り会えて充実した人生を送っている人と、天職にめぐりあえず放浪したり諦めたりして気づいたら高齢者という人がいます。後者のことを「天職難民」というそうでありますが、今回は「天職」について考えてみましょう。
定年

64歳で退職、65歳で退職、どちらが得?実体験から語る失業手当(失業保険)の真実

65歳になって退職するより、1ヶ月前の64歳11ヶ月で退職するほうが得であるという通説があります。現時点において嘘ではありませんが、何が得なのか?得をするための苦労はないのか?その実態を64歳11ヶ月で退職した筆者が明らかにします。 この...
定年

高齢者のハローワークにおける求人の実態

求人情報では年齢不問と記されているのに、実際に応募すると速攻門前払いに近かったという経験はありませんでしょうか?建前だけの雇用対策法と実態の乖離も原因の一つです。高齢者の求人についてはこの実態をよく認識しなければなりません。
定年

連載コンテンツ:4回目:実体験掲載、ドキドキの第1回目の失業認定日

いよいよ第1回目の失業認定です。一体どういうことが行われるのかドキドキでハローワークに向かいました。
error: Content is protected !!